広告宣伝の従来の考え方

新しい会社を設立する、新しい商品を発売する、イベントを開催する・・・こうした新しい取り組みを行う時に、いろいろな宣伝方法があるかと思います。例えば、新しい商品を発売したとしましょう。今までのやり方ですと、まずは多くの人に知ってもらう必要がありますから、TVやラジオで広告を出したり、アメリカでしたら地元のフリーペーパーに広告を掲載してもらって情報を拡散する、またはチラシを作ってダイレクトメール(EDDM)を送る・・・などといった方法があるかもしれません。

ホームページ・ウェブサイトで宣伝広告

しかし、もう一つ、重要な広告手段があります。それは、ホームページ・ウェブサイトでの発信です。インターネット上に自社の商品、サービスを記載したウェブページを作り、情報を発信していくというのは、昨今、必須の広告手段となっていると言っても過言ではないでしょう。しかし、多くの場合、こうしたウェブサイトを作って公開をしているけれども、どれくらい集客できているのか?とか、どのような経緯で問い合わせに至ったのか?という分析をされている方は少ないのではないでしょうか?事実、多くの企業様では、こうしたホームページを運営はしているけれども、社内に詳しい人材がいないので、どうも、よくわからないと感じていらっしゃる方が多いのではないかと思います。今回は、この「ホームページでの集客・宣伝広告」に焦点を当てて、「どうすればホームページで集客できるのか?」という点についてお話ししていきたいと思います。

Attract People

Google検索からの集客

ウェブサイトの集客ルートには、様々なものがあります。ひとつは、前述の広告媒体を通した直接の流入というものがあるでしょう。そのほかにも、同じデジタル媒体であるFacebookやTwitterといったSNSなどからの流入もあるかもしれません。しかし、多くの場合、ウェブサイトの集客で最も大きな割合を占めているのは、実は、「Google検索からの流入である」という事実をご存じでしょうか? Googleは、毎日、世界中のウェブサイトにBot(ボット)と呼ばれるロボットプログラムを巡回(クロール)させ、情報を収集してデータベース化・インデックス化しています。そしてその集めた情報を、ユーザーの質問に対する検索結果として、的確に届けることをミッションとしているのです。

また、検索から訪れてくる訪問者は、何か情報を探すために訪れている訳であり、ニーズがはっきりしているという特性があります。そのため、このGoogleからの検索による流入を最大化できれば、より多くの集客が期待でき、ビジネスの拡大にもつながるチャンスも大きくなるわけです。

Google bot Crawling Indexing and Ranking

Google クローリングとランキングの仕組み

Google広告とオーガニック(自然)検索

ところで、Googleからの流入には、大きく分けて、二つあります。ひとつは広告枠による検索結果の流入、もうひとつは、オーガニック(自然)検索からの流入です。皆様が、日ごろ、Googleで何かのキーワードを検索した時に一番上に「広告」と書かれた検索結果が表示されます。これが広告枠です。この広告枠は、ユーザーがクリックするごとにその広告を出している掲載主に一定の金額課金がされる仕組みになっています。一方、何も書かれていない検索結果は、「オーガニック検索結果」と呼ばれ、前述のGoogle Botが世界中のウェブサイトから収集した情報を集め、そのキーワードごとにランキング化されたインデックスにあるそれぞれの順位に基づいて検索結果として表示しているのです。このオーガニック検索による流入は、すべて無料です。ですから、自社の製品をこのGoogleのオーガニック検索結果上で、常に上位に表示されるようにウェブサイトを最適化できれば、無料で大きな集客を期待できるのです。この一連の取り組みを、一般に「Search Engine Optimization(SEO)=検索エンジンの最適化」と呼びます。

SEO Image

SEO対策とGoogleガイドライン

では、SEO対策として、オーガニック検索で、自社ウェブサイトの順位を上位にもってくるためには、どうしたらよいのでしょうか?答えは、ごく単純です。「ユーザーの求めている情報を的確にわかりやすく記載し、Googleにも理解できるようにウェブサイトを作るということ」になります。「え!そんなに簡単なことなの?」と思われる方が大多数なのではないでしょうか?しかし、このごく単純なことが、全くできていないケースが多数見受けられます。

Googleに分かりやすく情報を伝えるとはどういうことなのでしょうか?Googleは、その方法を詳しく説明したガイドラインを公開しています。Google ガイドラインは、こちら

このガイドラインに沿って、ウェブページを作ることがオーガニック検索でパフォーマンスを発揮する最大の近道になります。もし、皆さんがこのオーガニック検索からの流入を最大化したいと思われるのであれば、まず、このガイドラインすべてに目を通すことをお勧めします。そして、今、自分が公開しているウェブサイトがこのガイドラインに基づいてきちんと作成されているか?をチェックすることが、オーガニック検索で集客を目指す第一のステップになります。

UJ Thinktankの無料コンサルティングで無料診断

UJ Thinktankでは、このGoogleのガイドラインに沿ってウェブページが作らているか?否か?の診断を無料で行っております。ガイドラインを読んでみたけどよくわからないという方のために、お客様のウェブサイトのアクセス状況、ページ上の問題点の抽出、および改善方法などの情報をご提示しておりますので、ぜひ、弊社のウェブサイト無料診断サービスをご利用ください。

Pin It on Pinterest

Share This